合併(合併差益)

2つの会社が1つになることを「合併」という。
例えば、A社がB社を合併して、B社が無くなり、A社だけが残る
場合、合併に際し、A社はB社の株主にA社株を交付するので、
B社の株主はA社の株主になります。
A社の株式発行総額がB社の純資産より小さい場合、その差を
「合併差益」という資本の勘定項目を用いて仕訳します。
A社の株式発行総額がB社の純資産より大きい場合、その差を
「営業権」という資産の勘定項目を用いて仕訳します。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック