買収(純資産、営業権)

支払いを行なって、企業を買い取ることを「買収」という。
例)A社を買収した際、A社の資産500,000円,負債200,000円
  だとすると資産から負債を控除した300,000円が資本となり
  この資本のことを「純資産」というます。
  当社はA社の価値を400,000円と見積もり、現金で支払った
  場合、純資産300,000円との差100,000円を「営業権」といい
  資産の勘定項目を用いて仕訳を行ないます。
 諸資産 500,000  諸負債 200,000
 営業権 100,000  現金   400,000

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック