損失処理(補填)・未処理損失・繰越損失

損失が生じた場合も、利益処分と同様に株主総会で処理方法決定
します。
処理方法としては、任意積立金などの資本を取り崩して損失の穴埋
めをします。この穴埋めのことを「補填」といいます。
損失が来期へ繰越される場合には、2つの処理方法があります。
① 未処理損失勘定だけで処理する方法 
  例)未処理損失が200,000円に対し、株主総会で別途積立金
    150,000円を取り崩して損失の補填を行なうことに決定した。
    残りの50,000円は次期へ繰越すこととなった。
   別途積立金  150,000  未処理損失  150,000
② 未処理損失勘定と「繰越損失」という資本の勘定項目を用いて処理
  する方法
  例)未処理損失が200,000円に対し、株主総会で別途積立金
     150,000円を取り崩して損失の補填を行なうことに決定した。
     残りの50,000円は次期へ繰越すこととなった。
    別途積立金  150,000   未処理損失  200,000
     繰越損失    50,000

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック