定額法(減価償却)

固定資産の内、毎期一定額を減価償却費に計算する方法。
〈計算式〉減価償却費=(取得原価-残存価格)/耐用年数
      耐用年数:固定資産の利用期間
             (使用に耐えると見込まれる年数)
      残存価格:利用期間終了時の固定資産の見積価格
             (売却収入額)
例)建物の取得原価:900,000円,残存価格:取得原価の10%,
  耐用年数10年の減価償却の仕訳を間接法で求めなさい。
   原価償却費:(900,000-90,000)/ 10 = 81,000
  原価償却費  81,000  原価償却費累計 81,000

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック