建設仮勘定

建物を業社へ依頼し、完成前の段階で代金の一部を支払うことがある。
業社から建物の引渡しを受けるまでに支払った金額は「建設仮勘定」と
いう資産の勘定項目を用いて仕訳を行ないます。
例)建物の建設を依頼し、完成前の段階で代金の一部2,000,000円を
   現金で支払いした。
  建設仮勘定 2,000,000  現金 2,000,000
  その後、建物(6,000,000円)が完成し、引渡しを受けた際に、残額
  4,000,000円を現金で支払った。
   建物   6,000,000  建設仮勘定 2,000,000
                    現金    4,000,000

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック