有価証券評価益(評価損)・時価法

期末に保有している有価証券の時価が取得価格より高ければ
「有価証券評価益」低ければ「有価証券評価損」を計上します。
この評価替えを「時価法」といいます。
但し、保有している有価証券全てに時価法を適用するのではなく、
売買目的に取得した有価所見にのみ時価法を適用します。
例)次の売買目的有価証券を時価法により評価替えを行ないました。
  A社株式 : 帳簿価格 95,000円  期末時価  100,000円
  B社株式 : 帳簿価格 95,000円  期末時価   80,000円 
有価証券評価損    10,000     売買目的有価証券  10,000

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック