手形の更改

支払期日に手形代金の支払いが出来ない場合、支払期日を延長する
ことがあります。
この時、所有している手形を相手に返し、新しい手形を受取ります。
又、期日を延長した分の利息も請求します。このことを「手形の更改」と
いいます。
例)取引先から30,000円の手形の更改を求められ、それに応じた。
  旧手形を引渡し新手形を受取る際、支払期日延長分の利息1,000円
  を新手形の金額に含めた。
 受取手形  31,000   受取手形   30,000
                  受取利息    1,000

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック