保証債務・補償債務費用・保証債務取崩益

手形の裏書・割引を行なった場合、他者が債務の返済を出来なくなった時、
手形の裏書人・割引人が手形を所有している人に対し支払い義務を負うこと。
「保証債務費用」という費用の勘定と「保証債務」という負債の勘定を用いて
仕訳を行ないます。
例)20,000円の買掛金の支払いを行なうために、仕入先へ他人振出の約束
  手形を裏書譲渡した。その際、保証債務500円が生じた。
 ・対照勘定法
 買掛金        20,000    受取手形  20,000
 裏書義務見返   20,000    裏書義務  20,000
 保証債務費用     500    保証債務    500
 ・評価勘定法
 買掛金        20,000    裏書手形  20,000
 保証債務費用     500    保証債務    500
  裏書・割引を行なった手形が無事決済されたら、「保証債務取崩益」という
  収益の勘定項目を用いて
 保証債務       500     保証債務取崩益   500
  の仕訳を行ないます。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック