手形の割引-対照勘定法・割引義務見返・割引義務・手形売却損

手形の割引 期日前に手形を銀行へ持込み、一定の手数料を引かれた額が
入金されること。
対照勘定法とは「割引義務見返」「割引義務」の勘定を用いて仕訳する方法。
割引料は、「手形売却損」という費用の勘定を用いて仕訳を行ないます。
例)30,000円の受取手形を銀行で割引、割引料2,000円を差引いた残額を
  当座預金とした。
当座預金        28,000    受取手形      30,000
手形売却損        2,000
割引義務見返     30,000    割引義務     30,000
  後日、支払期日が来て、手形が無事に決済された時
割引義務        30,000    割引義務見返  30,000
  の仕訳を行ないます。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック