手形の裏書-対照勘定法・裏書義務見返・裏書義務

「裏書義務見返」「裏書義務」の勘定を用いて仕訳する方法。
例)商品20,000円を仕入れ、代金としてA社から受取っていた
  約束手形を裏書譲渡した。
仕入        20,000    受取手形  20,000
裏書義務見返  20,000     裏書義務  20,000
後日、支払期日が来て、A社が仕入先へ支払いを行なった時
裏書義務    20,000   裏書義務見返 20,000
の仕訳を行ないます。
手形の支払日に、A社が仕入先に20,000円を支払うことになり
ます。しかし、支払日にA社が支払えない場合には、代わりに
当社が仕入先へ支払わなければなりません。
手形の裏書譲渡を行なった時点で、将来手形代金を仕入先へ
支払わなければならない可能性が生じます。手形の裏書時に
その可能性を忘れないために、「裏書義務見返」「裏書義務」の
勘定を用いて仕訳します。
「裏書義務見返」「裏書義務」は単なる備忘録なので、資産・
負債・資本・収益・費用のいずれでもありません。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック