委託販売取引

委託販売において受託者から売上報告を受けたときに認識
する販売収益のこと。
委託者は、受託者が商品を販売した際に、「積送品売上」と
いう収益の勘定項目を用いて売上の仕訳を行ないます。
受託者が販売時に支払った費用を委託者が負担する場合、
「販売費」などの費用の勘定項目を用いて仕訳を行ないます。
例えば、受託者に積送した商品10,500円(商品10,000円,
運賃500円)を受託者が13、000円で掛けで販売し、支払った
費用が1,000円あるとの連絡を受け、売上計上を行なった。
売掛金   13,000          積送品売上  14,000
販売費    1,000
仕入     11,500           積送品      11,500

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック