未着品

まだ商品は受取っていないが、船荷証券、貨物引換証など貨物代表
証券を受取っている場合に使用する勘定科目。
貨物代表証券を受取った時に簿記では「未着品」という資産の勘定を
用いて仕訳を行ないます。
例えば、貨物代表証券10,000円を受取った場合(代金は掛けとする)
未着品  10,000   買掛金  10,000
後日、運送会社が商品を持ってきて、貨物代表証券を運送会社へ渡
した場合の仕訳は
仕入   10,000   未着品  10,000
となります。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック