割引・売上割引・仕入割引

掛代金を支払期日前の一定期間内に支払った場合、代金の一部を免除すること。
商品を掛けで販売した場合、支払期日よりも早く支払った際には代金を割引くとの
契約をすることがあり、これを「割引」といいます。
販売側は、割引分の収入が減るので、割引分を「売上割引」という費用勘定で
仕訳します。
仕入側は、割引分の支払いが減るので、割引分を「仕入割引」という収益勘定で
仕訳します。
例)
現金     38,000      売掛金   40,000
売上割引   2,000
買掛金   40,000       現金   38、000
                 仕入割引    2,000

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック