簿記1級講座の内容とスケジュールについて

■ご質問
日商簿記検定1級短期マスター講座の4科目セットを受講したいと考えいます。
・勉強時間について
私の一週間のスケジュールとしては、
月~金 朝7時会社へ出発、帰宅午後9時頃
〃  勉強時間として使える通勤時間…片道40分
土日  休日 子守り 買い物等
この空き時間を使い、6ヶ月で終了することはできるでしょうか。
また、この講座は11月合格を目標としているのでしょうか。
試験は1度で受かるとは思っておりませんが、6ヶ月で受かる
ためのスケジュールと、1年程度のスパンで考えたスケジュール
があればご教授願います。
<私の経歴>
・3年程前に簿記2級取得しているが、工業簿記は
もう1度復習する必要ありと考えています。
・職種は経理なので、用語などはなじみはあります。
税効果などは実務でやっているため練習問題だけで
十分ですが、合併・分割会計など全く知らない分野も
あります。
・7月・10月は四半期決算もあり、土曜日出勤の
可能性もあり。
・期間終了後
 受講期間終了後のアフタサービス等はあるでしょうか。
・特典
 CDセミナー受講者の割引はあるでしょうか。
・会員枠
 まだ枠はあるでしょうか。1つ押さえてもらえるでしょうか。
以上よろしくお願いします。

お問い合わせいただきまして、誠にありがとうございます!
以下、さっそくご回答させていただきます。
>日商簿記検定1級短期マスター講座の4科目セットを受講したいと考えいます。
ありがとうございます!
どうぞ、よろしくおねがいします!!
>・勉強時間について
>  私の一週間のスケジュールとしては、
>   月~金 朝7時会社へ出発、帰宅午後9時頃
>    〃  勉強時間として使える通勤時間…片道40分
>   土日  休日 子守り 買い物等
>
>  この空き時間を使い、6ヶ月で終了することはできるでしょうか。
はい。
結論から申しますと、可能です。
日商1級レベルは、練習量で勝負が決まります!
したがって、柴山会計では、次の3段階アウトプットを
考えています。
●ステップ1  
指定テキスト(新検定簿記講義1級:4冊)
の例題、練習問題をすべて、3回以上
講義のあとにコツコツと解き、個別論点の
知識と解答技術を確立する。
●ステップ2  
柴山会計が、7月下旬から毎月定期的に
おとどけする、本試験と同水準の総合問題
(商簿会計6回分、工簿原計6回分、
問題数にして商簿会計延12問相当、工簿原計延12問相当)
を、学習の途中で、答えを見ながらでもOK
なので、やはりトータルで3回以上解く。
※会計学は、個別問題3問が通常は1セットなので、
柴山会計では、個別3問で総合問題1問相当と換算します。
●ステップ3  
最終的には、本試験問題の過去問を、理想は
過去8回分(最低過去5回分)×3回転することで、
仕上げ段階になります。
以上、(1)指定テキストの例題・練習問題×3回
(2)柴山会計オリジナル総合問題(商会14問、工原14問相当)×3回
(3)過去問(商会16問、工原16問相当)×3回
私の経験から申しますと、インプット量はあまり合否には関係なく、
アウトプットした問題量で合否はほぼ決まります。
めやすとしては、
商会の総合問題、延べ100問解き(30問相当×3~4回、または20問×5回)
工原の総合問題、延べ100問解き(30問相当×3~4回、または20問×5回)
これだけこなせば、
合格可能圏(5回受けて3回以上受かるレベル)に到達できるはずです。
ぜひ、柴山会計オリジナル総合問題と過去問の反復練習で、
短期合格を勝ち取ってください!
そこで、音声のインプット講義は、通勤電車や空き時間などを利用して
効率よく受講することで、カバーできます。
あとは、アウトプットですが、合格可能性を平均よりも高く(60%以上)に
するためには、
延べ100問解き×2で、だいたい200時間が目標時間となります。
ただ、合格率について、今回は、勉強時間の余裕度合いとの関係で、
もう少し低くてもいい(40%程度)ということならば、150時間程度でも、
合格可能性はあると思われます。
【合格までの学習モデルプラン(インプットとその復習(個別問題)は、スキマ時間に
)】
合格率60%コース…平日1時間×5日×約20週 =100時間の演習
土曜5時間×約20週     =100時間の演習
※このほか、音声講義の復習が1日30分程度はいるので、昼休みや
移動時間など、上手に空き時間で個別練習をこなしてください。
合格率40%コース…平日1時間×5日×約20週 =100時間の演習
土曜2.5時間×約20週    = 50時間の演習
※このほか、音声講義の復習が1日30分程度はいるので、昼休みや
移動時間など、上手に空き時間で個別練習をこなしてください。
>  また、この講座は11月合格を目標としているのでしょうか。
>  試験は1度で受かるとは思っておりませんが、6ヶ月で受かる
>  ためのスケジュールと、1年程度のスパンで考えたスケジュール
>  があればご教授願います。
はい。
第一期生は、11月目標ですが、もしも11月で合格できなくても、
継続サポートサービス(月1500円(予定)×本試験までの期間単位(通常・約6ヶ月))で、
その後の法改正や相談、質問、モチベーション維持の講師メッセージなど、
アップトゥーデートなサービスをその後も継続的に受けられます。
したがって、11月にチャレンジ後、
来年6月の合格を視野に入れている方も、大歓迎で入会できます。
>  <私の経歴>
>   ・3年程前に簿記2級取得しているが、工業簿記は
>    もう1度復習する必要ありと考えています。
>   ・職種は経理なので、用語などはなじみはあります。
>    税効果などは実務でやっているため練習問題だけで
>    十分ですが、合併・分割会計など全く知らない分野も
>    あります。
>   ・7月・10月は四半期決算もあり、土曜日出勤の
>    可能性もあり。
日商2級工業簿記については、私の著書「最短で受かる!日商2級工業簿記編」
の独学本をで復習していただき、
これを日商1級の工簿原計と平行して読んでいただければ、安心です。
>・期間終了後
>  受講期間終了後のアフタサービス等はあるでしょうか。
もしも、運悪く合格がかなわなかった場合にも、
受講者特典として、法改正や毎月のメール簿記検定情報サービス、
質問・相談サービスを、月1500円(予定)の低価格で、合格まで継続指導
いたします。来年6月までの期間は、基本テキストと講義はお持ちなので、
あとはこの継続サポートで、十分です。
>・特典
>  CDセミナー受講者の割引はあるでしょうか。
日商1級講座につきましては、他の専門学校の受講料の水準にかんがみて、
当初の受講料設定価格を132000円程度(分割なら23000円程度×6ヶ月)と
しておりましたが、
多くの方に受講していただきたいという趣旨で、一般価格自体をほぼ
当初の設定価格の75%程度、すなわち99000円(一括の場合)と会員価格のような
水準に抑えました。
したがいまして、すでに会員価格的な受講料で受けられるカリキュラム
のようなイメージでご理解いただけると幸いです。
>・会員枠
>  まだ枠はあるでしょうか。1つ押さえてもらえるでしょうか。
はい。現在、お問い合わせは非常に多くいただいていますが、
実際のお申込をいただいた方は、まだ定員未満の人数ですので、
T様のために、会員枠を25日まで押さえておくことは可能です。
それでは、この機会に、いっしょに1級合格を目指せることを、
スタッフ一同、心待ちにしております!
どうぞ、よろしくお願い申し上げます!!
日商簿記検定1級対策講座 
公認会計士・税理士 柴山政行
柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック