経営者の立場で必要な教材は?

■ご質問
>柴山様
>
>いつも「時事問題で楽しくマスター!使える会計知識」を配信頂きありがとう
>御座います。私、Tと申します。
>
>簿記2,3級講座のDVD購入を検討しており、メール差し上げた次第です。
>私は現在、メーカーの海外工場に赴任しております。
>主な仕事は「事業採算計画策定と管理」更に「現地会社の経営者」として
>総務・経理・財務部門長も兼ねています。
>
>日本に在籍していた頃は管理会計を主とした損益管理業務を行っており、基本的
>知識は持ち合わせていたつもりですしたが、実際の経営に携わってみると知識
>の浅さを痛感しております。
>また経理・財務部門長を兼ねているものの所詮、対した知識もないので現地
>マネージャーに任せることが多く、自身の知識不足をこれまた痛感しています。
>
>なんとか知識を身につけるべく、今回DVDの購入を検討しているのですが
>1つ疑問が生じました。簿記となると仕訳からなにやらイロイロありますが
>私のような立場の者では実務的過ぎないか?という疑問です。
>確かに仕訳等迄精通しているのに越したことはないのですが、経営者の立場で
>は、そこまでの実務に立ち入る訳ではないので、本当にこの選択で良いのか?
>と感じた次第です。
>
>お手数かとは思いますがアドヴァイス頂けると助かります。

お問い合わせいただきまして、誠にありがとうございます!
公認会計士・税理士の柴山政行です。
簿記検定3級、2級のDVD講座をご検討とのこと、
誠にありがとうございます。
日商簿記検定対策としては、実際に多くの合格者を
すでに出しており、実績としては自信を持って
ご提供できます。
ただ、T様の置かれているご環境を拝察するに、
簿記検定対策というよりは、経営者ないし管理者として、
会社の管理実務につながる会計知識をご希望されている
とかんじましたので、代わって、次のカリキュラムを
ご提案いたしたいと存じます。
ステップ1 経営管理者として、是非知っておきたい
      財務会計・経営分析・管理会計の重要基礎知識
      ※経営管理の必須知識として、最もお勧め
1.財務チャート式・簿記マスター講座(DVD4時間講義)
  ※日商検定のような試験色を抑え、知識ゼロから1日で
   最低限ビジネスに必要な簿記と試算表と決算の重要知識
   にしぼって、理解していただきます。
   その後、演習問題2問を3回以上繰り返していただくことで、
   柴山メソッドによる「管理に使える」簿記・財務会計の
   ベースが短期間で身につきます。これは、すべてのビジネスマンに
   おすすめします。もちろん、社内研修でもお使いいただけます。
2.決算書の読み方と使い方(DVD4時間講義)
  ※簿記が『会計システムの中で、決算報告書を作るスキル』
   なのに対し、本講座は、「決算書をどのように分析」し、
   「次に、どのような経営手段をとるか?」の、まさに
   決算書を使いこなすための分析ノウハウ講座です。
   基本的に、簿記を知らなくても理解できますが、
   現実的には、簿記の基本(上記1.の知識)があるとないとでは、
   その後の理解度と活用可能性には雲泥の差が付きます。
   この決算書の読み方セミナーについては、過去、大手上場企業
   の研修担当者が、ぜひ社内研修でも使いたいと要請があったほど
   です。T様自身の研修目的のみならず、社内での決算書の理解
   を深めるためにも、ご活用いただけます。
3.原価計算実務の基本と管理会計のイロハ(DVD8時間講義)
   ※製造業とのことですので、過去3年にわたって、SMBC
    コンサルティングにおける同様の法人向けセミナーで、
    最高90名、コンスタントに60名程度の集客をしている
    人気セミナーを、DVDにしました。
    これがきっかけで、原価計算の顧問を依頼されるなど、
    非常に人気の高い講座です。
    会計初心者の状態から、原価計算の基礎に関するほぼ
    全範囲を網羅するには、効率的で、お勧めといえます。
上記で、予算的には、
1.簿記        21,000円
2.決算書の読み方 24,000円
3.原価計算の基本 32,000円
            -----
     合計     77,000円
            =====
となりますが、
おそらく、簿記検定3級、2級セットコースで学ばれるよりは、
財務および経営の実務により直結する内容を選ばれたほうが、
結果として、T様のお役に立てると考えております。
=============================
※なお、会員制CDセミナーまたは柴山塾を申し込まれますと、
上記の教材が25%引きで受講できます。(1ヶ月での退会も可)
 つまり、19250円の割引で、57,750円で受講できます。
会員制CDセミナー「経済会計時事ニュース通信」
上場会社財務分析スキルアップセミナー「柴山塾」  
=============================
そして、上記を学ばれた後、一歩進めて、下記を学習を後日おこなうことも、
今後のことを考えると非常に有効です。
特に、最近のホンダにおける移転価格税制がらみの
1400億円申告漏れ問題などを見ると、海外進出にかかる
日本法人税の知識不足は、時として深刻な税務リスクと
ダメージをもたらします。
私の部下の山本税理士が、現在、慶応の大学院で
国際税務を専門に研究している理由もまさにそれで、
中国を中心とした海外進出で得た利益を、
日本に還元せずそのまま海外で回すことに、
日本の税務当局は、おそらくあまり好ましい感情を持って
いないことと推察されます。
今後、海外がらみの税調や税務トラブルが増えることは、
海外税務の第一線で慶応にこられている先生の
最新のお話からも、柴山会計では容易に想像が付いているところです。
そして、海外進出で一番問題なのは、
現地で経営や財務に携わっている人が、
日本の法人税法に疎い、ということです。
これは、中国から日本に来て、慶応で教えていらっしゃる
中国人会計士の方から聞いた話です。
ほとんどの企業は、日本の法人税に精通した人材を
海外の現地スタッフにおいていません。
これが、諸悪の根源の深刻な部分だ、との指摘が
山本を通じて私の耳に入っています。
できましたら、法人税の概略と重要なポイントだけでも、
是非押さえて現地で経営戦略を策定してください。
あるいは、そういう人材を養成することをお勧めします。
ただ、予算や人員の問題から、なかなかそういった分野で
満足いく配置ができないというご事情もわかりますので、
このご縁で、教材ご購入いただいたお礼として、
ある程度のところならば、もちろん守秘義務を守りますので、
現地での経営上の相談も、差しさわりのない範囲で一般化するなどして、
必要に応じ、柴山または山本になさっていただいても結構です。
ただ、海外税務に関しては、場合によっては
事務負担やリスクを伴う判断が介入することもありますので、
そのような場合には事前にご相談して、どこまで
ご質問を受けるか、あるいは場合によってはコンサルティング
としてお受けする必要があるかの調整もできます。
とりあえず、法人税の知識をあまり持たない状態での
海外活動は、現在は、リスキーで怖い面があります。
まずは、上記の教材をご検討いただき、
会計・原価管理の基本をご理解いただくことが
第一歩と存じます。
(ご参考)
第2ステップ…CFO(財務管理担当役員)クラスの必須知識
4.法人税申告書作成の実務セミナー
5.やさしい現代会計の中級セミナー
いずれにせよ、メルマガのご縁で、こうしていろいろな
お話ができるというのは、
すばらしいことですので、これからも、
メルマガともども、どうぞよろしくお願い申し上げます。
御社の、ますますのご発展を、心より
お祈り申し上げます。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
柴山会計ラーニング株式会社 代表
       公認会計士・税理士 柴山政行
柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック