現金

簿記上の現金は、通貨代用証券といわれる次の5種類があげられます。                                  1.送金小切手(銀行が発行する小切手)             2.他人が振り出した小切手                       3.郵便為替証書(郵便局で現金を引き出せる証券)         4.公社債の利札(公社債に付いてる利札で利払い日を経過したもの)                                  5.配当金領収書(株式の利益の一部を配当された金額)       これらを金融機関に持ち込むことで、即現金になります。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック