移動平均法

商品の増減や残高明細を原価で記録する「商品有高帳」という補助元帳がありますがその記録方法の一つです。商品在庫の払出単価の決め方として、「移動平均法」と先入先出法」の二つがあります。仕入れた時期により価格も変動することがあるので仕入れる都度、直前の在庫と平均単価を算出し、この単価を払出単価とする方法を移動平均法と言います。また有価証券を異なった価格で購入した時、1株又は1口当たりの価格を移動平均法を用いて計算することがあります。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック