直接法

会社でパソコンなどの備品、建物などを購入した時、減価償却という経理処理をします。直接法と間接法の2通りがあり、直接法とは、相手勘定科目を建物、備品など直接仕訳科目の対象とします。例えば、借り方に減価償却費と置き、貸し方に備品とし、直接減らしていきます。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック