当座預金残高が不足した状態での小切手振り出し


小切手を用いて決済する場合、振り出される小切手に記載された支払い金額
以上に、あらかじめ、当座預金口座の残高がなければなりません。
したがって、あらかじめ、一定限度額を設けて、その範囲内で自動的に不足分
を融資してもらう制度があります。これを「当座借越」といいます。
こういった勘定取引を学びます。
------------------------------------
                              lesson.011
★ 5分でわかる!使える!!簿記入門 ★          
                              2004.06.16
(月・水・金の午前中配信)
-----------------------------------
【CONTENTS】
 ● 当座預金残高が不足した状態での小切手振り出し
-----------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ● 当座預金残高が不足した状態での小切手振り出し
 当座預金というのは、現金の範囲で学習した小切手の支払いや、営業入金などを
行うために開設する無利息の預金口座である、ということは、前回学びました。
 基本的には、その前提として、振り出される小切手に記載された支払い金額
以上に、あらかじめ、当座預金口座の残高がなければなりません。
(例1)○×商店は、仕入代金20万円の支払いとして、同額の小切手を
    振り出した。なお、小切手振り出し直前の当座預金残高は50万円
    だった。
          
       -------------------
      |       小 切 手       |
      |    ―――――――――――    |
      |   | ¥200,000- |   |
      |    ―――――――――――    |
      | 振出日 平成16年6月16日    |
      |                   |
      | 振出人 ○×商店  (印)     |
       -------------------       
 ※ポイントをわかりやすくするため、細かいところは省略して、おおまかに
  表記しています。ご了承下さい。
「仕訳帳」単位:万円
   (借)仕     入  20  (貸)当 座 預 金   20 
「総勘定元帳の一部」単位:万円
     当 座 預 金
 ―――――――――――――――
|前提   50|     20  
 ―――――――|
      仕    入           売    上
 ―――――――――――――――  ―――――――――――――――
      20|                |
        |                |
 
 ここで、当座預金口座の残高が不足している状態で小切手を振り出すと、
ふつうは、不渡りといって、銀行からお金を引き出せなくなります。
 このような事態は、絶対に避けなければなりません。
 そこで、あらかじめ、一定限度額を設けて、その範囲内で自動的に不足分
を融資してもらう制度があります。これを「当座借越」といいます。
 当座借越勘定を用いますが、この勘定科目は、将来の返済義務を表し、
「負債」という項目の一つに数えられます。
 後日、当座入金があったら、当座借越勘定を借方に記帳して減額します。
(例2)○×商店は、仕入代金20万円の支払いとして、同額の小切手を
    振り出した。なお、小切手振り出し直前の当座預金残高は11万円
    しかないが、以前に、100万円を限度額とする当座借越契約を結ん
    でいたので、小切手振り出し額20万円との差額、9万円は、自動
    融資を受けることができた(当座借越勘定)。
          
「仕訳帳」単位:万円
   (借)仕     入  20  (貸)当 座 預 金   11
                    当 座 借 越    9 
「総勘定元帳の一部」単位:万円
  +  当 座 預 金  -    -  当 座 借 越  +
 ―――――――――――――――  ―――――――――――――――
|前提   11|     11         |      9  
 ―――――――|                |
      仕    入           売    上
 ―――――――――――――――  ―――――――――――――――
      20|                |
        |                |
 
 
              ★★★練習問題★★★            
 次の取引を仕訳・転記しなさい。
(1)まぐまぐ商店は、仕入代金30万円の支払いとして、同額の小切手を
   振り出した。なお、小切手振り出し直前の当座預金残高は25万円
   しかないが、以前に、80万円を限度額とする当座借越契約を結ん
   でいた。
(2)翌日、商品4万円分を売り上げ、同額が当座預金口座に入金された。
          
(解答用紙)
「仕訳帳」単位:万円
(1)(借)             (貸)
                     
(2)(借)             (貸)
「総勘定元帳の一部」単位:万円
  +  当 座 預 金  -    -  当 座 借 越  +
 ―――――――――――――――  ―――――――――――――――
|前提   25|                |  
 ―――――――|                |
      仕    入           売    上
 ―――――――――――――――  ―――――――――――――――
        |                |
        |                |
 
   *******************************
(模範解答)
「仕訳帳」単位:万円
(1)(借)仕     入  30  (貸)当 座 預 金   25
                    当 座 借 越    5 
(2)(借)当 座 借 越   4  (貸)売     上    4
「総勘定元帳の一部」単位:万円
  +  当 座 預 金  -    -  当 座 借 越  +
 ―――――――――――――――  ―――――――――――――――
|前提   25|(1)  25  (2)   4|(1)   5  
 ―――――――|                |
      仕    入           売    上
 ―――――――――――――――  ―――――――――――――――
 (1)  30|                |(2)   4
        |                |

…時事問題で、たのしく会計知識をマスターしたい方は
「会員制CDセミナー」 → http://bokikaikei.net/01cd/5.html
… 上場企業の実践分析講座 
 「柴山塾」→ http://bokikaikei.net/04jirei/66.html

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック